バカラで勝ち続けるためにはコツコツが一番強い!

 

お世話になっております。
日本バカラスクールです。

最近のバカラ投資状況はいかがでしょうか?
多くの方から利益報告をいただき、とても嬉しく思っております。

 

はじめは不安で半信半疑だったという方も、徐々に利益が積み上がって行くのを見てバカラは投資になるんだと実感してくださっています。

実践に利益が増えていくのを体感することが、一番安心してプレイできるかと思いますし一番のモチベーションになると思いますので結果が出るまではとにかく焦らず、正しくプレイし続けるようにしていただきたいと思っています。

 

今回もそうですが、日本バカラスクールが「長期的な目線でコツコツプレイするようにしてください」と繰り返しお話しするのには理由があります。理由を理解することで実践しやすくなるかと思いますので今回はその2つの理由についてお話ししていきます!

 

長期的にコツコツプレイすべき理由とは!?

まず1つ目はプレイの方法や流れ・ノウハウを正しく理解し実践することが結果に繋がるから」です。

バカラ投資は方法が非常にシンプルなので初日から利益を出される方もいらっしゃいます。ただ、安定した利益を出し続けるためには流れや方法を正しく理解し、正しく実践する必要がありますので時間がかかるのです。

 

例えばロジックを理解できたとしても
欲をかいて賭け金を大きくしてしまい損失を被ってしまったり、

ロジックの細かい部分の理解が間違っていて負けてしまったり、
機会を増やそうとロジック以外の部分でもかけてしまって負けてしまったり…

 

こういったことは、特に”始めたばかりのときに起きがち”です。

コツコツと利益を継続して出していたのに、これらのミスで利益を失ってしまい
「勝てない!」「向いてない!」
とネガティブになってしまう方もいらっしゃいますが

一度したミスを繰り返さないように継続していくことができれば、容易に取り返すことができますので一つのミスで投げ出してしまわないようにしましょう。

 

また、そういった時の損失を最小限に抑えるためにも、はじめは最低掛け金でのプレイを推奨していますので、始めのうちは必然的に利益も小さめになります。

すぐに利益を求めたい気持ちは分りますが、プレイの経験を通して、ルールを守ってコツコツ継続することが一番なんだと実感することができれば自然と時間や資金の管理・メンタルコントロールができるようになっていきますので、それができるようになってから徐々に掛け金をあげて利益も大きくしていくという流れが理想です。

この流れをクリアするまでにはある程度、時間を要しますがこのステップを踏むことで堅実な投資にすることができますし、のちに無理なく大きな利益を生み出すことができるようになっていきますので、それまではとにかくルール通りに実践を続けてみていただきたいと思います。

 

そして2つ目は投資はそもそも時間がかかるものだから」です。

初めて1ヶ月、2ヶ月という段階で
「全然稼げない」
「自分には向いていない」
とおっしゃられる方がいますが投資は基盤作りが非常に重要です。

 

スクール生の中には毎月100万程度の利益をコンスタントに出されている方もいらっしゃいますが、始めてすぐにここまでの利益を出せるようになったわけではありません。時間をかけてしっかりと基盤を作った上での結果なのです。

 

大きな利益を出すためにはある程度の資金も必要になってきますし、リスクを減らすためには元本の回収を行った上で
無理のない資金管理を行なって行く必要がありますので、ここまでの資金環境を整えるまでにも時間は必要になります。

一気に増やそうとすればそれだけリスクも高まりますので、リスクをできるだけ抑えるためにも、ある程度までは徐々にコツコツと増やして行くことが一番なのです。

 

ロジックやノウハウ・資金のそれぞれの面で基盤がしっかりとできれば、毎月数十万〜数百万といった利益を安定して出すことも可能になりますので、まずは徐々に利益を生み出し、毎月プラスで終わることを目標に続けていきましょう。

 

コツコツと継続して太く強い資産形成を目指しましょう!

長くなってしまいましたが、「なぜ長期的にコツコツと続けていくことが大切なのか」お分りいただけましたでしょうか?

勉強やスポーツ、資格などでもなんでもそうですが、焦っていっときだけ集中するよりも、コツコツと継続する方が”太く”、そして”強い”です。

早く利益が欲しいという気持ちはもちろん分りますが、しっかりと基盤を作りコツコツと利益を出すことが、結果的に見ると一番大きな利益を生み出しますのでまずは焦らず、正しくコツコツと実践していきましょう!

それでは引き続きよろしくお願いいたします。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP