【バカラで勝つために】ノウハウよりも注意するべき2つのこと

 

お世話になっております、

勝ち方・ノウハウ・必勝法伝授の【日本バカラスクール】です。

 

今このページを読んでいるあなたが
思っていること、それは、

 

「バカラで勝ちたい」

 

おそらくこれに限るのではないでしょうか。



 

そうなると
まず気になるのはノウハウですよね。

 

私もはじめはノウハウをマスターするのが
一番大切なことだと思っていました。

 

実際そう思われている方も多いのではないでしょうか。

 

しかしこれは実は
正しいようで正しくないことなのです。


 

たしかに、ノウハウをマスターすることは
投資としてバカラで勝っていくために
必要不可欠なことではありますが
これだけでは結局、勝ち続けることはできないのです。

 

今回は私が今までの経験を通して感じる
バカラで“勝ち続けるために“必要な
ノウハウより注意すべき2つのことについて
お話していこうと思います。

 

「バカラで勝ちたい」

 

この思いが強ければ強いほど
見失いがちな部分かと思いますので
ぜひ頭に入れてプレイするようにして下さいね。

 

 1.一喜一憂しない、常に冷静に

 

 

まず1つ目は
「一喜一憂せず、常に冷静を心がける」ことです。

 

カジノだけでなく、株式やFXなどでもそうですが
投資は勝つこともあれば負けることもあります。

 

そもそも、投資というのは
勝ち負けを繰り返しながら、

全体で見た時にプラスの状態を積み上げていくことで
利益を生み出していくものですよね。

 

ですから、一戦一戦の勝ち負けに
こだわっていては身が持ちません。

 

長期にわたって利益を生み出していくためには
「一戦一戦の勝ち負けが目的ではない」
ということを頭に入れておく必要があります。

 

そもそもなぜ、
一喜一憂してはいけないのかというと、

目先の勝敗に捉われることで

「冷静な判断ができなくなる」「やる気を失う」

といったマイナスな状態が生まれ、
結果「負け」を誘発してしまうからです。



例えば勝ちが続いたとき、
「波が来ている!」と思いますよね。

 

まだこのくらいであれば特に問題はありませんが
「今の自分は大丈夫!」
こんな風に調子に乗ってしまうと、

 

普通ではありえない判断ミスをしたり、
慎重になるべきところを強行突破したりしてしまうことがあります。

 

ロジックに即していない場面でも
「今日なら勝てそう!」と賭けてしまったりするのです。

 

そしてついに負けてしまったときには
もう「負け」にしか目がいかず
駄目だ、もうやだ…と思ってしまうでしょう。

 

例えば20日間プレイして、
トータルでプラスになっていたとします。

そして21日目に負けたとします。

 

このとき「負け」にしか目がいかないと
やる気を失ったり、焦ってしまったり…
何もいいことがありません。

 

この日は負けたとしても
トータルではプラスだとしたら
その負けは問題ではないんです。



むしろ「必要経費だ」くらいに考えておきましょう。

 

はじめは誰しも、勝てば嬉しいですし
負ければ落ち込むと思います。

 

でも、いつまでも目先の勝敗に囚われていては
いつかきっと大きなミスをしてしまいます。

 

冷静に判断し、ロジックを最大限生かすためにも
「一喜一憂しない」ことを意識し
徐々に長い目で見る感覚を養っていきましょう。

 

 

 2.資金管理の重要性を理解する

 

 

2つめは「資金管理の重要性を理解すること」です。

 

資金管理は、勝ち負けのある
投資の世界において必要不可欠な知識ですので
いろいろな場面で耳にされてきたかと思います。

 

ただ「知っている」と「理解している」は違います。

「理解する」ことが何よりも大切なのです。

 

投資はなんでも同じですが
賭金が大きければリターンも大きくなりますよね。

 

2ドル賭けよりは3ドル賭けの方が、
3ドル賭けよりは5ドル賭けの方が稼げることは明確ですが
これはあくまで”勝っていれば”の話です。

 

リターンが大きいということは
当然リスク、損失も大きくなるわけですが
“順調にいっているとき”これを忘れがちなのです。

 

「こんなに勝ってるんだし次も勝てそう。

もう少し賭金を上げたい」

こう思って
無茶な賭金を設定してしまう人は少なくありません。

 

 

「もっと稼ぎたい」

 

その気持ちは誰しもが持っていると思いますが
この気持ちに負けて冷静な判断ができなくなった瞬間、
それは投資ではなくなります。

 

上手くいっている時こそ、誘惑が出てきたときにこそ、
資金管理の重要性を思い出し、
欲と上手に付き合っていく必要があるのです。

 

「ちょっと物足りない」
このくらいがちょうどいいのかもしれません。

 

また「損切り」も資金管理のうちの1つです。

 

先程もお話した通り、
投資ですので負けるときもあれば勝つときもあります。

損切りの判断が必要なことだってもちろんあるでしょう。

 

ここで欲をかかずに、希望を抱かずに
冷静に損切りの判断ができるかどうかも
勝ち続けられるかどうかの分かれ道になります。

 

 

「勝つときもあれば負けるときもある」

「目先の勝敗は問題ではない」

「もう少し…と欲をかきすぎるのはだめ」

 

これらをしっかりと頭に入れて、
必要な時にはためらわずに損切りを行ってください。

 

また損切りの判断は難しいかと思いますので
必要な時に損切りできるよう
事前に明確なルールを決めておくことをおススメしています。

 

損切りに関しては
以下の記事でお話していますので
是非参考に、ルールを作ってみてくださいね。

 

【投資成功のカギ】損切りは嫌いですか?

 

 

 まとめ

 

長くなりましたが
私がこれまでのバカラ人生の中で感じた
“バカラで勝ち続けるために“
ノウハウ以上に注意すべきことを2つお話ししてきました。

 

どちらも一見、
利益と関係ないことのように感じるかもしれませんが

どちらもバカラで勝つために、稼ぐために、
それを継続するために間違いなく必要不可欠なことです。

 

メンタルと密接に関わる部分でもありますので
頭では分かっていたとしても
はじめは実践するが難しいかもしれません。

 

でも、だからこそ、常に念頭に置き、
常に実践しようと意識していくことが大切です。

 

この2つをしっかりと意識しながら
ノウハウを活かすことができれば
“バカラで勝つ“だけでなく
“バカラで勝ち続ける“ことができるはずですよ。

 

是非参考になさってくださいね。

 

 

バカラスクールについて質問やご相談はこちら

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP