バカラで負けないための戦略

こんにちは、日本バカラスクールです。

バカラの初心者の方から、数年プレイをしている方までみなさん「負けたくない」という気持ちは共通だと思います。

「負けたくない」と思うだけではギャンブルと同じため、負けない戦略をどのように取るかが重要です。

弊社のオープンチャットでも先日プレイにおけるメンタル面の話題も上がりました。

バカラでは勝つことより、負けないことの方が重要なのですが、あまり知られていません。本日はこちらを深堀していきますので、ぜひみなさん身につけていってくださいね。

  

資金管理と損切りの重要性

株式投資と同様に、バカラでも資金管理が勝敗を左右します。初めに予算を設定し、それを超えないようにすることが大切です。

例えば、1日のプレイで使う金額の上限を設定し、その金額を厳守することで、大きな損失を避けることができます。さらに、勝っているときには、利益を一部確保することで、リスクを軽減することが可能です。

 

損切りのタイミングを見極めることも重要です。例えば、連続して5回負けた場合(連敗時)には一旦ゲームをやめる、あるいは一定の金額を失った場合(損切り時)にはその日のゲームを終了するなどのルールを自分で設定することが有効です。これにより、冷静な判断を保ちつつ、無謀な賭けに走るのを防ぐことができます。

また、損失が続くときには冷静さを失いやすくなりますが、そのようなときこそ冷静に対応することが求められます。事前に設定したルールを守り、感情に流されずに賢明な判断を下すことで、長期的な資金管理を実現することができます。

 

バンカーとプレイヤーのベット比率の理解

バカラではプレイヤーに賭ける方がバンカーに賭けるよりも若干有利とされています。これは、バンカーで勝った場合は手数料が引かれてしまうからです。具体的には、プレイヤー勝利の時は2倍で返ってきますが、バンカー勝利の時は5%が手数料で取られて1.95%で返ってきます。

この違いは小さいですが、長期的な視点で見ると大きな影響を与えます。

 

バンカーに賭ける際には手数料がかかるため、タイミングによってはバンカーに賭けるのが最良の選択ではない場合があります。例えば、マーチンなどの賭け方を行っており、4,5回とマーチンが続き、最後にバンカーで勝った場合は手元に戻ってくる利益が微小もしくはマイナスになる場合があります。

マーチンの賭け方はリスクを背負ってベットしているのにも関わらず、利益がでない可能性もでてくるためマーチン後半でのバンカーベットは避けることも考慮するべきです。このように、状況に応じた柔軟な戦略を持つことが重要です。

さらに、統計データを基に、どのタイミングでプレイヤーに賭けるべきか、またはバンカーに賭けるべきかを見極めることが求められます。例えば、過去のゲーム結果を分析し、連勝や連敗のパターンを把握することで、より有利な賭けを行うことができます。

このような賭け方をする上でもデータ分析が必要であり、効率的なアプローチです。

より具体的に学びたい方・詳しい話を聞きたい方はこちらの画像をクリックしてご参加ください!

 

メンタルコントロールと冷静な判断

株式投資で成功するためには感情に左右されずに冷静な判断を下すことが求められますが、バカラでも同様です。勝ち続けている時や負けが続いている時でも、一貫した戦略を持ち、冷静に判断することが大切です。特に、負けが続くときには焦りやストレスが増しますが、そうした感情に打ち勝ち、冷静にゲームを続けることで、最終的な勝利に近づけます。

 

メンタルコントロールの一環として、自分自身の限界を知り、それを超えないようにすることが重要です。例えば、一定の時間が経過したら一旦休憩を取る、または一定の勝利金額に達したらゲームをやめるなどのルールを設けることが有効です。これにより、過度な疲労やストレスを避け、冷静な判断を保つことができます。

また、自己評価と反省を繰り返すことで、常に自分の戦略を改善していくことも重要です。ゲーム終了後には、自分の賭け方や判断について振り返り、良かった点や改善すべき点を見つけることで、次回のプレイに活かすことができます。このようなプロセスを通じて、メンタルコントロールと判断力を継続的に向上させることがバカラで長期的に勝ち続けるためには求められます。

 

バカラで負けないためには、資金管理、ベット比率の理解、そしてメンタルコントロールが鍵となります。これらの戦略を実践することで、損失を最小限に抑え、持続的な勝利を目指すことができますので、継続を心がけましょう!

 

まとめ

みなさんいかがだったでしょうか?

今回のバンカーの手数料については、「気にしたことがなかった。」という方もいるでしょう。せっかくマーチンを使っているのに、手数料負けしては勿体無いです。このように、賭け方も人様々ですが、負けにくい戦略を取らなければいけません・

 

今回の内容で分からない点や、疑問点などが出た場合は、SHUNGOへの無料相談も行なっているので公式ラインにご相談くださいませ。

それでは引き続きよろしくお願いいたします。

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP